巻爪ケア / BS SPANGE(スパンゲ)

当院の巻爪ケア

当院の巻爪ケア

その1 医師の推薦

当院の施術が高く評価され、医師から推薦をいただいております!

整形外科医から太鼓判をいただきました。

渡辺整形外科での修業時代

私が修業時代に勤めていた枚方市 牧野駅下車2分にある渡辺整形外科。

この地で開業されて21年、地域に愛される病院✨

こちらの整形外科医院で長年の勤務を経て、渡辺医師の信頼をいただきました!

まずはお電話でご相談ください。

ご予約・お問い合わせ24時間受付中

あなたは今、どういったお悩みをお持ちでしょうか?

こんなお悩みありませんか?

BS SPANGE(スパンゲ)とは・・・

当院が行っている巻爪ケア法は、B/S SPANGE(スパンゲ)といいます。

B/S SPANGE(スパンゲ)とは、

足の爪の食い込みに対するドイツのケア法で、特殊なプラスチック製の平らなスプリング板を爪の表面に貼りつけて、爪の食い込みを軽減させる方法です。

 

◯続けて装着することで爪甲全体が広がり、爪の形が改善されていきます。

 

また装着するのみでなく、正しい知識のもとカウンセリングを行い、靴や日ごろの手入れなど注意すべき点などをご理解いただけるようアフターフォローすることも大切です。

巻爪ケア施術の写真

↑ 貼りつけるのは、このようなうすい形状記憶のプラスチックです。

B/S SPANGE(スパンゲ)の利点

  • 爪の周囲の皮膚を傷つけることがない保存的なケアで、施術中に痛みを感じることがほとんどない。
  • 痛みに対して即効性があり、装着後、短時間で痛みを軽減させることができる。
  • 装着中そのまま放置が可能なため、靴、歩行などの制約がない。
  • 年齢制限がない。
  • 装着中の違和感がほとんどない。(軽く開きを感じる方はおられます。)
  • 半透明で、凹凸も少ないので目立たない。またスパンゲ板の上からネイルカラーを塗ることもできる。(保護になります。)

施術してはいけない場合

  1. 爪の疾患がある。(爪白癬・厚硬爪甲症・爪甲鉤彎症・その他の爪疾患。)
  2. 割れている爪
  3. 陥入爪手術後の爪
  4. 爪周囲のキズ、出血、化膿など、早急に医療処置を必要とする場合

巻爪ケアの流れ

巻爪の患者様

 

典型的な巻爪です。

 

さぁ、巻爪ケアを始めましょう!!

(施術自体は30分ほどで終わりますよ✨)

(大﨑満子様 大阪市天王寺区 84歳 女性)

巻爪ケアの道具

1: B/Sブレイス(巻き爪矯正板)を装着する部分の爪を滑らかにするために、写真の道具で少し削ります。

巻爪ケアに使用する形状記憶のプラスチック

2: B/Sブレイスの中央に特殊な接着剤を塗り、爪の中央にのせます。

巻爪ケア施術の写真

3: B/Sブレイスが爪の中央に付いたら、爪の両サイドに片方ずつ接着剤でつけます。

巻爪ケアの出来上がり写真

4: B/Sブレイスの角が靴下やストッキングなどに引っかからないように、特殊工具で研磨します

 

 

あっという間に出来上がり✨

(大﨑満子様 大阪市天王寺区 84歳 女性)

5か月後には・・・

巻爪ケア5か月後の様子

 

 

 

綺麗に広がってますね✨

(大﨑満子様 大阪市天王寺区 84歳 女性)

B/S スパンゲは、特殊なブラスチック版で出来ており、効果はすこしずつ衰えてきます。そのため、効果を持続させるには約1カ月に一回の装着が目安となります。

(柔らかい爪などの個人差はありますが、期間の目安は6カ月となります。)

 

巻爪ケア (B/S スパンゲ 1枚) 5,000円

 

痛みが軽減したことで、早期に終了するとすぐに元に戻ってしまいますのでしっかりとケアしていきましょう!高齢の方や特殊な方は、時間が掛かってしまいます。靴や、歩き方など、さまざまな原因を考えて施術していきますので半年~1年かけて治療する場合もあります。

 

これから、しっかりと治していきましょう!

巻爪でお困りの方は、「接骨院くくる龍光堂」までご相談ください!