腰のこりの対処法

自分でできる腰痛の対処法

腰のこりも腰の病気も血行改善が大切!

 

腰のこり、腰の疾患など、ほとんどの場合が血行を改善することが大事になってきます。こりがあるのは、血液の循環が悪い証拠、そのままにしておくと痛みはとれません。

温めることで血管が拡張すると、血行が促されます。筋肉の緊張がほぐれるだけでなく、血流によって乳酸などの疲労物質の排出が促進されます。また、人の体は冷えると痛みに過敏になりますが、逆に皮膚の温度が上がると痛みを感じにくくなります。常に肩こりに悩んでいる人は、肩や首を冷やさないようにすると痛みの予防にもなります。

なお、温めた方がよいか冷やした方がよいか迷ったときは、心地よい方を選ぶとよいでしょう。慢性的な腰痛や、ぎっくり腰などの痛みがあるときは温めるとよいが、どうしても分からない時は、当院に受診してくださいね✨

こりがある状態

こりがある状態◇

筋肉が緊張し、固くなっているため、筋肉内の血管も圧迫されて血行が悪くなっている。乳酸などの疲労物質が流れていかず、その場にとどまり、痛みが長引く。

温めた状態

温めた状態◇

温めることで筋肉がほぐれ、血管も拡張する。血行が良くなり、たまっていた乳酸などの疲労物質が血流にのって流れ、排出が促される。こりがやわらいでくる。

当院で血行改善のために行う温熱療法。7種類のトルマリンなどの鉱石が入っているホットパックを使って患部を温めます。また、筋肉に弱い電気刺激を与える干渉波療法などもあります。こうして筋肉のこりを解消しながら、運動療法、手技療法を合わせた『接骨院くくる龍光堂式』の治療を行います。

 

→ 当院の温熱療法&干渉波治療

自宅でできるかんたん温熱療法

温めるときは、蒸しタオルを使うと便利です。その他には、カイロや湯たんぽ、ドライヤーの温風(15cmほど離して)、シャワーなども最適です。温める場合、どこを温めるかによって効果に差が出ます。

腰痛には、より効果的な温めポイントがあります。そのひとつが、背中です。この部分は筋肉がこりやすい部位です。特に腰痛の場合は重点的に温めましょう。また、おなかも効果的です。このあたりのこりも体幹こりの一種ですので、温めると腰がラクになります。もちろん、患部である腰も温めポイントです。シップなどの外用薬を使用するときにも応用できるので、覚えておくといいですよ。

なお、長時間温めすぎると低温やけどの可能性があるので、目安は最長30分程度までにしましょう。

効果的な温めポイントは3カ所

1. 背中・・・首こりの場合は、特に疲労物質がたまりやすい。耳たぶの付け根のあたりや首筋も温めるとよい

2. おなか・・・腰の痛みで緊張が高まることが多く、また腸腰筋という腰の筋肉や、内臓にもやさしい。これらを温めてほぐすと腰がラクになります。

3. 腰・・・温めると、血行促進に加え、痛みの感じ方が鈍くなる効果もある。

その他・・・体幹がこっている場合は、大胸筋やハムストリングス、ふくらはぎなども温めるとよい。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛